ご注文はこちら

定価1700円(税別) 送料360円 発売玄冬舎

  • 四国八十八ヶ所霊場マップ

行程表 標高グラフ地図付き リタイアしないための「歩き遍路」の情報満載!

四国お遍路に行かれる方は年間約30万人、そのうち歩き遍路は約5千人といわれています。

普通の人なら 1,100km余りの道のりを歩き通すことなど考えもしないでしょう。
今の時代には、便利な車という乗り物があります。
それを敢えて歩くという人は、よほど強靭な精神力と体力に
自信を持っておられる人だと思います。

そうした人たちでも、お遍路5日目、17番井戸寺を回り終えた後に
50%以上の人が限界に達し、6.5km先のJR徳島駅から家路につかれます。
筆者自身もふくらはぎの痛みで歩行困難になり、一時はリタイア寸前まで追い込まれました。

そうした原因の大半は、「情報不足による、必要以上の体力の消耗」にあると思っています。
逆に言えば、しっかりした情報が得られれば、
必要以上の体力を消耗することはない
ということになります。

筆者が歩き遍路をしたとき、本当に欲しかった情報は…

その日はどこまで何キロ歩いて、何時頃に宿に到着するか。

その日は平坦な道が多いのか、上り下りが多いのか、難所があるのか。

難所がある場合は、具体的にどのように大変なのか。

ということでした。

従って、本書では…

1日ごとの行程表(距離、時間)と、それに連動した標高グラフ。

概ね平坦な道の区間と、坂や難所がある区間の説明。

その日に歩く区間の地図(経路入り)。

が一目でわかるようにしました。

50日モデルプランを紹介

1番霊山寺から88番大窪寺までの 1,100km余りを、健脚の人は40日、遅足の人は60日で回ります。本書では、60代で体力が標準の方という設定で、50日で無理なく回るモデルプランを紹介しています。

 

体力には個人差がありますので、本書のモデルプラン(標準ペース)より早く歩かれる人、ゆっくり歩かれる人もおられることでしょう。しかし、どちらの場合でも、本書の情報を参考にして、ご自分に合った計画を組んでいただくことができます。

服装や装備予備知識を紹介

また、お遍路に必要な服装や装備、事前に知っておきたい予備知識、足の手入れ方法など、筆者(竹本 修)が実際に歩いた経験を基に、実践的なアドバイスを紹介しています。そして、ただ歩くだけのお遍路でなく、遍路途上にあるさまざまな観光スポットや見所なども紹介しています。

本書の目的は、読者が正しい情報を得て、
理にかなったプランで、最後まで無事に歩ききることができるよう、
サポートすることにあります。

本書をご覧になった方々が、最後まで元気で、無事、結願されることを祈っています。

読者からの
お便り

昨年、初めての歩きお遍路にチャレンジしたのですが、このお遍路本のお陰でとてもスムーズに歩くことが出来ました。一昨年までは仕事の合間をぬって四国八十八ヶ所を車で区切り打ちをしていたのですが、昨年は頑張って2ヶ月の休みをつくって遂に歩きお遍路に挑戦し、見事結願することができました。リタイアやタイムロスの無いように計画を立てていたのですが、こちらの50日プランがとても参考になり、実際に役に立ちました。過去に車で走った道も、歩くのでは感覚が全く違うもので、事前にしっかり歩きお遍路用の計画を立てておいて良かったと思います。こちらのお遍路本では歩いていると多くの人がぶち当たる『先の見えない不安』を見事に解消してくれます。これからどんな道を歩くか見当がつけば、ひたすら真っ直ぐな道も心が折れることなく歩くことが出来ます。初めて歩きお遍路に挑戦する方へ、是非オススメしたいお遍路本だと思いました。

(滋賀県 K様)

お遍路の出発地に向かう途中で時間つぶしのために購入したお遍路本でしたが、内容がとても充実していたので初めての歩きお遍路でとても重宝しました。遍路ころがしの付近では、この本を見ながら先の道を想像して歩くことで難所を乗り切ることが出来ました。難所毎にこのお遍路本のアドバイスが役に立ち、お遍路の最中で不安になる部分に対してのアドバイスが的確にされていたので本当に役に立ちました。自分の歩くペースとも合っていて、ほぼ、こちらのお遍路本のペース通りに進むことが出来ました。実際にお遍路を歩き始めてみると事前に準備していた情報より、こちらのお遍路本の情報の方が正確で役に立つことが多く、出発前にこのお遍路本を手にすることができて本当に良かったと思います。

(大阪府 E様)

来年で定年を迎えることを機に四国八十八ヶ所歩きお遍路に挑戦しようと思っています。お遍路さんといえば、私が幼かったころに祖父が結願しており、よく道中の話を聞かされていました。昔は、今のように見やすいお遍路本もなく、祖父は山道を間違えて遭難しかけたという事もあったようです。今まで忘れかけていた祖父のお遍路話を思い出しながら、来年の四国八十八ヶ所歩きお遍路に向けての準備をしています。そんな中でこちらのお遍路本を手にとりました。最初は私ももう歳ですし無理はせずに行ける所までで構わないと思っていたのですが、こちらのお遍路本を拝見して私も結願を目指して歩こうと思うようになりました。モデルプランのように50日で回れるかは分かりませんが、いろいろ参考にさせていただき結願を果たしたいと思います。

(秋田県 H様)

竹本様の「四国八十八ヶ所歩きお遍路50日モデルプラン」を拝読させていただきました。四国八十八ヶ所歩きお遍路のために、関係するエッセイ本、旅行記本、ガイド本などをいくつか読んでみたのですが、竹本様のお遍路本の見易さには感動しております。観光を交えたお遍路が目的の方からすると少し物足りないのかもしれませんが、私のように最後まで歩いて回ることを目的としたお遍路にはとても役立つお遍路本だと思いました。道筋が図や表などが一目で見て分かりやすく書かれており、文書も簡潔で読みやすいです。60代の方が歩ききれるように計算された一日の歩行距離や歩行時間なども数値で明確になっており、とても参考になります。‘無理なく歩けるように’という点に配慮された歩くポイントは、他の本ではあまり見ることがなく非常に参考になりました。

(広島県 I様)

少し前に四国八十八ヶ所の歩きお遍路をした友達から、次は一緒に行こうと誘われてしまい、来年、初めてお遍路に行くことになりました。普段、全く運動もしませんし、休みの日は家に籠もることが多いので歩くことに自信がもてませんでした。でも、友人にこちらのお遍路本を渡されて気持ちが少し変わりました。私のような体力のない人間にお遍路は出来ないだろうと思っていたのですが、60代の方が50日で無理なく回れるモデルプランをいうことで、少し勇気を貰いました。こちらのお遍路本を読むと、必要なのは体力よりも情報だという感じがします。この本には歩き方のコツが詰まっているので、ポイントを押さえれば意外と行けるような気がしています。最近は少し意識して歩くようにしていて、体力もついてきました。最初は心配だった四国八十八ヶ所歩きお遍路がだいぶ楽しみになってきました。

(千葉県 U様)

私は四国八十八ヶ所歩きお遍路に2度失敗しましたが、今度こそ成功させたくてこちらのお遍路本を購入しました。1度目の失敗は、ちょっとした探検のようなつもりで出かけてしまったため、完全な準備不足でした。なんの計画も立てずに着の身着のまま、ひたすら歩き続けてマメの痛さに3日目でリタイヤ。2度目はある程度しっかり準備をし、体調管理も常に気をつけていたつもりでしたが、歩き始めてみると想像と違うことの連続で9日目にリタイヤしてしまいました。最後まで歩き切り結願される方は極一部の方しかいないと聞きますが、結願までの道のりは本当に大変なもののようです。
ですが、こちらのお遍路本には「どのような道をどうやって歩けば良いか」ということが具体的に書かれていて、参考になる情報ばかりです。このプランを参考にしながら慎重に進めば、必要以上に体力を消耗せず、次こそは成功出来そうです。頑張りたいと思います。

(岐阜県 N様)

先日、3年かけた区切り打ちをようやく結願することができました。少し時間をかけた遍路になりましたが、会社勤めで通し打ちをすることが難しく、仕事の合間をみながら辿り着いた結願でした。3年間のお遍路では沢山の方々と触れ合いながら多くの事を学ばせていただき、日常とは離れた場所で自分を見つめなおす貴重な時間でした。いつかは通し打ちをしたいというのが夢でしたが、結願をしたことによりその想いは一層強くなり、この「四国八十八ヶ所歩き遍路50日モデルプラン」を手にした次第です。この遍路本の素晴らしい点は‘歩ききって結願する’ことに徹底した内容で、無理なく歩ききるポイントがしっかり押さえられているところです。まだ区切り打ちしか経験がありませんが、通し打ちの様子がよく分かり納得のできるような説明があります。この遍路本をもっていつか通し打ちをしたいです。

(山口県 A様)

とても見やすいお遍路本で感動いたしました。今まで目にしたお遍路本は平面の地図ばかりだったので、いまひとつ歩く大変さが伝わってこなかったのですが、こちらの本を拝見してようやく実際に歩く想像がつきました。歩行距離や歩行時間などが1日毎、礼所やポイント毎に分かりやすく書いてあり、標高差や道のりが図で見やすくなっています。歩く大変さがとても伝わってきました。そして、標高を表す図を見ただけでは分からない道の様子が、場所毎のコースガイドに非常に分かりやすく書いてあります。全体的なペース配分と難所の歩き方など細かなアドバイスなどもあり、これ一冊でいろいろなことが分かりました。初めての四国八十八ヶ所歩きお遍路ですが、この本が自信をつけてくれました。

(埼玉県 K様)

竹本様、ありがとうございます。私は、竹本様の「中高年のための四国八十八ヶ所歩きお遍路 50日モデルプラン」のおかげで無事に結願することができました。
長く続く歩きお遍路の中では、心身ともに疲労してしまい朝になると布団の中で今日は1日寝ていようかと思う日が何回もありました。しかし、毎晩翌日のルート確認をしてから就寝する日課のおかげで、朝になると枕元に竹本様のお遍路本があり、それを見るたびに「今日も頑張るか!」と起き上がることができたのです。 結願は今までの人生で味わったことのない、最高の瞬間でした。この感動を味わえたのは、竹本様の本のおかげで弱い自分に打ち勝つことができたからです。本当にありがとうございました。

(静岡県 M様)

私は5年前に鬱病を患い、長い停滞期を過ごしました。家族や友人の助けのおかげで今はだいぶ安定して過ごすことができるようになったのですが、一度自分の気持ちをクリアにリセットして一から自分を取り戻したいと思い、自分を見つめ直すために四国八十八ケ所歩きお遍路を決意しました。実は以前から、お遍路は鬱に効果があるということを聞いていたので気にはなっていたのですが、全く未知なことに手を出すことができず尻込みをしていました。しかし、たまたま書店でこのお遍路本を手にしたことをきっかけに、実際に四国に行く決心がつきました。今までは四国を歩いて1周するという途方もない未知の世界に踏み出すことに躊躇していたのですが、このお遍路本をみていたら、所要時間、距離、高低差など、どんな道をどうやって歩けばよいのかが分かりやすく書かれていて、躊躇していた気持ちが解されていきました。
今、本に書かれている通りに事前の歩きトレーニングをしていますが、歩くようになってから気持ちが落ち着き、少しずつ距離を伸ばしながら自信がつくようになってきました。まだ出発前ではありますが、一歩踏み出したことで少しずつ何かが変わってきていることを感じています。きっと最後まで歩ききった時には今と違った自分になっていることでしょう。こんなに前向きになれたのはこの本のおかげと感謝しています。

(福岡県 M様)

昨年の9月に初めての四国八十八ヶ所歩きお遍路に挑戦しました。始めは順調に進んでいたのですが、雨の中を歩き続けた日の翌日から体調を崩してしまい、その後も無理をしてしまった結果、歩き続けることが困難になり29番礼所「国分寺」まででリタイアをしました。無理をせずに1日ゆっくり静養をとれば良かったのではないかと、無理をしてしまったことに酷く後悔をしました。
今はその時の失敗も踏まえて、更なる入念な情報収集と準備を重ねて10月に次のお遍路を予定しています。そんな中、歩きお遍路で何度も結願されている熟練者から「新しく良いお遍路本が発行されたよ。」と竹本様のお遍路本を紹介されました。早速購入してページをめくってみると、その内容に驚いてしまいました。今までネットや書籍の様々なところから少しずつ集めていた情報が一冊に分かりやすくまとまっていたのです。こんなに分かりやすく情報がまとまっている本は他には無いと思います。この本があれば、結願はもうすぐそこ。今回は必ず結願してみせます。竹本様、とても参考になる本をありがとうございました。

(長野県 T様)

定年後、四国お遍路にチャレンジしてみようと思い、書店やネットで資料を集め始めたのですが、計画を立てる段になって困ることがでてきました。札所から次の札所までの距離や、経路(地図)はどの本にも載っているのですが、道中の標高や難所(厳しい上り下り)の情報が載っている本はいくら探してもないのです。
私は毎年、夏に日本アルプスへ登るのですが、事前に道中の距離と標高をしっかり調べます。それがわからないと、自分の脚力で何時頃に山小屋へ着けるかが判断できないからです。お遍路も登山と同様に、何時に出発して、何時までにどこまで歩き、どこの宿に泊まるかという計画が組めないと、何も知らない四国の地で途方に暮れてしまうかもしれません。
そんな心配をしていたとき、横浜の書店で本書を見かけました。ペラペラとめくってみると、そこには喉から手が出るほど欲しかった情報が詳しく載っていました。一般のお遍路本とは違い、宿から宿までの距離、道中の標高、目安の時間がわかりやすく紹介されていて、難所の箇所は詳細に説明されていました。
早速購入して、休日はこの本を見ながら、時間を忘れて自分なりの計画を立てています。本書で紹介されている高知の戻り鰹、池ノ浦漁港の伊勢海老、宇和島の鯛めしを食べるのを楽しみに、10月の連休明けからお遍路へ出発します。3回の区切り打ちで、年内に結願する予定です。歩き遍路に役立つ良い本を作っていただき、本当にありがとうございました。

(神奈川県 I様)

今年は60年に一回しかない丙申という強いご利益を得ることができる年ということで、毎週末に東京都内の札所を回っています。最初は流行のパワースポット巡りだったのですが、だんだん四国の八十八ヶ所に行きたい気持ちが高まり、こちらの歩きお遍路本を購入してしまいました。
コースガイドには歩く道がわかりやすく書いてあるので、ガイドを見ながら妄想でお遍路を楽しんでいます。やっぱり八十八ヶ所を歩くのは簡単なことではなさそうですが、妄想するうちに実際の道のりや景色を体験したくなりました。重い荷物を背負って長時間歩くなんて無謀のような気もしますが、その体験や成し遂げたときの感動は計り知れないものなのでしょうね。四国八十八ヶ所を回るバスツアーなどもあるようですが、いつか歩きお遍路を体験してみたいと思いました。

(東京都 M様)

私は海外旅行が大好きで、今まで9カ国、13の都市を旅しました。今は遠く離れた国にだって数時間~数十時間で行けてしまう時代です。それを、四国を1周するのに何十日も掛けて歩くなんて……。まさか、自分が八十八ヶ所歩きお遍路に挑戦することになるとは思いもよりませんでした。
きっかけはオーストラリア旅行でした。現地で出会った老夫婦が、四国お遍路を計画しているというのです。大阪に暮らしている息子さんからお遍路のことを教えてもらったそうです。私はそれまでお遍路なんて興味がなかったし、何も知らなかったのですが、このときに老夫婦からお遍路がどういうものかという話を聞き、「旅が好きなら、お遍路に行ってみては?」と日本旅行を勧められてしまったのです。
それからお遍路が気になるようになり、こちらのお遍路本を購入しました。
オーストラリアの老夫婦も言っていましたが、お遍路にはいろいろな困難が待ち受けていて苦労も多そうですね。でも、この本にはトラブル回避ポイントがまとまっているので、とても役立ちそうです。老夫婦に負けないよう、最後まで頑張って歩こうと思います。

(岡山県 S様)

来春、はじめて四国八十八ヶ所歩きお遍路に行く予定の者です。今は結願を果たすために様々な情報を集めて準備をしています。
私はフルマラソンも行うので体力的には少々自信があるのですが、私のように少しばかり体力に自信がある人の方が失敗しやすいという話を聞きました。自分の体力を過信してしまい、ペース配分を誤ってしまう方が多いようです。その話を聞き、自分もそのような失敗をしないようにと思っていたところで、こちらの歩きお遍路本と出会いました。
お遍路道の歩き方についての本をいくつか見ましたが、この本はお遍路の全体像から所々のペース配分についてまでわかりやすく解説されていて、歩き方が一冊にまとまっていました。他の本よりも見やすかったので、この本を参考に準備を進めることに決めました。ひとつ方針が決まり、とても心強い気持ちでいっぱいです。
気持ちを強く持ち、無事に結願できるように頑張ります。

(和歌山県 O様)

4年前に挑戦した歩きお遍路では、巡礼の簡単なルート説明だけの薄い本を頼りに行きました。
荷物を減らすつもりで最低限の軽い本をと思ったのですが、実際に歩くと本の地図と実際の道が違っていて迷子になる事や、本にはない予想以上の苦労の連続で、歩くのにとても苦労したものです。
60歳を迎えることを機に再びお遍路を決意し、この本を購入したのですが、この本は歩きルートの距離や歩行時間目安などまで詳細に書かれていたので非常に参考になります。今歩いている道の先がどんな道で、先の道を歩くために今どうやって歩けばよいのかという具体的な情報が実際に歩くときにとても役立つと思います。
年齢に応じた体力面も考慮されているようで、安心して、安全に結願できそうです。

(石川県 T様)

新しい歩きお遍路用のガイド本が出ていたので買ってみました。
この本はページを開くと、図や表を使って道順と歩き方が一目で見やすく載っていて、とても見やすいです。この他に3冊の歩きお遍路のガイド本を持っていますが、一番使いやすそうです。スタートからラストまで、全ての道のりの情報がしっかりと書いてあり、時間配分やペース配分も他のガイド本よりわかりやすく正確だと思います。
でも、次に僕が行きたいルートは載っていなかったので、その点は残念でした。ぜひ、シリーズ化して、違うルートの紹介もしてほしいです。あと、著者の竹本さんの視点での紀行本があれば是非読んでみたいと思いました。

(愛知県 K様)

私たちは、昨年十月に竹本様と四国遍路の「そえみみず遍路道」の階段の休憩所でお会いした者です。その時に本を出されるとお聞きし楽しみにしていましたところ、先日、本屋で見つけ早速購入し拝読しました。
今までにない歩きお遍路の本と思います。お会いした時「修業の高知を過ぎれば楽になりますか」と聞きましたところ「この先は、久万高原もありますし、まだまだ大変ですよ」とのお話で、ため息が出たのを覚えています。この本にはお聞きしたかったことが満載です。私たちは間隔の広い区切りでまだ宇和島ですが、その先に遍路指数Cが幾つかあり、七十才を超える私たちには身の引き締まる思いですが、この本の情報を基に自分達に合った計画で臨めばきっと結願できると思っています。
歩きお遍路の力強い味方の本を出版して頂き有難うございました。四国での有難い一期一会でした。これからも益々ご活躍下さい。

(北海道 F様)

毎年四国八十八ヶ所を車で巡っていたのですが、今年は区切り打ちで歩きに挑戦することにしました。
いつも遍路中に出会う歩きお遍路さん達の苦労話を聞くと、自分には歩くことは到底無理だろうと思っていたのですが、たまたま手にとった「中高年のための四国八十八カ所歩きお遍路50日モデルプラン」という本をみて気持ちが変わりました。
この本を見ると、皆さんが苦労していた部分がそのまま取り上げられて、それに対するアドバイスが分かりやすく書かれていていました。見ているうちに自分が歩くイメージが沸いてきてしまい、歩きに挑戦したい気持ちが生まれてきてしまったのです。
こうした心境の変化も何かのお導きかもしれません。歩きお遍路を楽しみたいと思います。

(神奈川県 Y様)

一昨年から四国八十八ヶ所の歩きお遍路に行くようになりました。体力が続かないので区切り打ちをしていますが、それも自分のペースだと思って、ゆっくりと八十八カ所を回ろうと思っています。
この本の「中高年のための」「リタイアしない」というフレーズに惹かれて、少しでも長く歩けるヒントがあるのでは?と思い、本を購入しました。
今まで使用していた歩きお遍路のガイド本より分かりやすい歩き方のプランが載っていて、この本を見ていると今まで自分が何故失敗したのか原因がよくわかりました。「最初からこの本があれば、違った歩き方ができたのではないか。」と後悔する場面も多くあり、とてもためになる情報が沢山ある本です。この本を熟読し、次のお遍路に臨みたいと思います。

(大阪府 T様)

初めて歩きお遍路に行かれる方、歩きお遍路を断念したことがある方にとって、非常にわかりやすい本ではないでしょうか。
お参りの仕方や歴史、宿情報や食事情報、旅を楽しむための娯楽情報といった内容はほとんどなく、歩くことに徹底しています。躓きやすいポイントや、どうやって乗り越えればよいかなど、具体的に参考になる距離や時間がリアルに書かれていて非常に実用向きです。
文章量は少なく、図や写真で分かりやすく解説しているのも良い点です。事前のイメージトレーニングもしやすいですし、歩きながらも自分のいる位置がしっかり想像できるような説明があります。
私自身2度の歩きを達成していますが、改めて気づかされるアドバイスがいくつかあり、とても参考になりました。

(東京都 H様)

筆者の
『札所一言メモ』

ページのトップへ